一般社団法人日本福祉用具供給協会
トップページ > 地域毎の活動トップ > 地域毎の活動一覧

地域毎の活動

地域一覧へ戻る
大阪府
■大阪府枚方市と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 令和元年8月1日、大阪府枚方市と当協会におきまして、伏見市長に臨席賜り、「災害時における福祉用具の供給協定」を締結致しました。
 緊急時に迅速な対応ができますよう、全国組織のネットワークを活用し、災害時に関わらず様々な広域的なサポートも行っていけるよう日々活動して参ります。またこの協定を機に更なる連携強化を推し進め、地域のお役に立てますよう、ブロック会員一丸となって力を尽くして参ります。 
なお、このたびの締結により、全国で129自治体と協定し、大阪府内におきましては3目の締結となっております。
■平成31年3月8日(金)、資質向上研修会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。  大阪府ブロックでは平成31年3月8日(金)に全国福祉用具専門相談員協会大阪府ブロックとの共催で資質向上研修会を開催しました。平成30年10月から選定理由や貸与価格の説明が義務付けられ、そこで用いられる福祉用具サービス計画書における選定提案をよりわかりやすく、専門用語を使わずにご利用者やご家族に理解していただき、選定理由を明確に説明するための「説明力」の向上を目的とし、加島 守先生(高齢者生活福祉研究所所長 理学療法士)をお招きし、そのノウハウを学びました。
 参加者は55名で、@選定提案の書き方 A事例検討 Bグループワークによる選定提案の作成 C発表を行いました。比較的経験年数の浅い方の参加が多く、『今後の業務に役立つ』との声も多く聞かれ、大変有意義な研修会となりました。
京都府
■京都府総合防災訓練
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年9月1日(日)京都府長岡京市村田機械総合グラウンドにて開催された、京都府総合防災訓練に参加しました。京都府では、豪雨が続く中、直下型地震が発生し、火災も起きたという複合災害を想定。消防や関係団体などから約1000人が参加しました。「災害に必要な福祉用具展示」ブースにもたくさんの府民の皆様が来てくださいました。
■京都市総合防災訓練
事業内容
クリックで写真が拡大します。8月31日(土)京都市岡崎公園にて京都市総合防災訓練「災害時に必要な福祉用具展示」をしました。世界遺産の平安神宮前ということもあり海外の旅行者の方々が多く来場され展示を興味深く見ていただきました。福祉用具体験ブースでは、市民の皆が「JINRIKI]に乗ったり、引いたり楽しく体験していただきました。
■京都ブロック役員会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年8月5日(月)18:00から役員会を開催致しました。
報告事項6点、検討事項7点について話し合いを致しました。
【報告事項】@リフトリーダー研修日程A他職種連携研修B京都ブロック退会C都度駐車許可追加D防災訓練E京丹波町災害時協定締結
【検討事項】@SKYふれあいフェスティバルA日本福祉用具供給事業者連盟B日福協主催の研修C京都ブロック懇親会D災害時の出動E消費税についての意見交換F公明党予算・税制要望並びに政策懇談会日程調整
■「災害時における福祉用具等物資の供給等協力に関する協定」締結式
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年8月1日、京丹波町と「災害時における福祉用具等物資の供給等協力に関する協定」締結式を執り行いました。当日は、ケーブルテレビの中継や、京都新聞社による取材などがあり、昨年の台風21号による被災で避難所にベッド等が速やかに日福協京都府ブロックより供給されたことを伝えました。京都府ブロックより役員4名が出席しました。
■災害時に役に立つ福祉用具展示
事業内容
クリックで写真が拡大します。2019年7月27日(土)丹後王国「食のみやこ」芝生広場にて「災害時に役に立つ福祉用具展示」を行いました。京都府は、昨年の台風21号で甚大な被害が出ました。大規模な自然災害が起こる可能性が高まっている中、一人ひとりの防災に対する意識を高めてもらえるよう、見て!ふれて!体験できる!楽しく学べるよう工夫しました。
ブースには、子供と若いお父さん、お母さんが立ち寄ってくれました。
■京都府ブロック懇親会開催について
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年5月29日(水) 京都府ブロックの総会終了後、リーガロイヤルホテル中国料理 皇家龍鳳にて懇親会を開催致しました。懇親会では15社が出席し、各事業所の課題や近況について食事を交えながら話合いました。
■京都府ブロック総会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年5月29日(水)18:00〜リーガロイヤルホテルにて京都府ブロックの総会を開催致しました。22社中15社の出席にて5つの以下の議案について検討しました。@平成30年度事業報告A平成30年度収支決算報告及び監査報告B役員改選C平成31年度事業計画D平成31年度予算
また、全ての議案について可決されました。
■京都ブロック役員会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成31年4月1日18:00〜京都ブロックの役員会を開催致しました。報告事項として3項目@福祉用具展示協力(3/2、3/3、3/12)A第1回福祉用具専門相談員研究大会開催B日本福祉用具供給事業者政治連盟設立、検討事項として4項目@役員改選A総会日程B統一地方選挙C駐車除外車章を確認致しました。
■福祉機器体験セミナーに出展!
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成31年3月12日(火)南丹市国際交流会館イベントホールにて福祉機器の導入を促進することを目的に施設職員向けセミナーが開催されました。
京都ブロックでは労働局職場定着助成金の対象福祉機器を中心に展示。施設職員を中心に福祉機器を見て、触って、体験してもらいました。福祉施設に就労環境の向上、福祉人材の定着化につなげる福祉機器が導入される事を祈るばかりです。
■ハローワーク・フェスタに出展しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。 京都労働局の若年層を中心とした求職開拓事業としてハローワークフェスタに出展致しました。
当日は、AKB48の女性アイドルが福祉用具体験ブースにて、コミュニケーションロボットに触れたり、電動アシスト付歩行器を押して、会場を盛り上げてくださいました。
■FUKUSHI 就職フェアに介護ロボット・介護機器を出展!
事業内容
クリックで写真が拡大します。 平成31年3月3日(日)みやこめっせにて、介護・福祉の仕事合同就職説明会に介護ロボット・介護機器の出展協力をしました。
日本福祉用具供給協会で作った福祉用具専門相談員のポスターを会場に貼り出し、私たちの仕事も学生に理解していただきました。
当日は456名の学生の来場があり、介護ロボットを触ったり、移動用リフトで吊られたり、体験を通して福祉用具の理解を深めていただきました。
■京都ブロックで意見交換会を実施致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成31年2月4日12:00〜14:00でスマイルケアにて京都ブロック意見交換会を実施致しました。議題として、@ブロック活動報告A実地指導状況報告B福祉機器展示協力依頼の説明C役員の改選D福祉用具貸与に関する緊急調査の結果E福祉用具専門相談員職業啓発ポスターF公明党推薦依頼のお願いG会員の近況報告について話し合いました。
■京都ブロックでのヒアリングと懇親会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年11月20日(火)スマイルケアにて当協会「広報・組織活性委員会」によるヒアリングが開催されました。日福協の会員拡大のための取り組みについて話し合いを致しました。またその後、懇親会を開き日頃の日福協の活動などについて話し合いながら有意義な時間を過ごしました。
■京都ブロック総会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年10月2日(火)午後6:30〜スーパードライルネサンスにて総会を開催致しました。【報告事項5点】@フランスベッド京都ブロック後任役員ASKYふれあいフェステイバルB災害時協定による福祉用具の供給C公明党京都本部31年度税制要望並びに政策懇談会D9/3実施の研修会 【検討事項2点】(1)災害時協定による福祉用具供給体制(2)福知山民間社会福祉施設連絡協議会参加について話合いました。
■京都ブロックの定例会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。8月22日(火)15:00〜京都ブロックの定例会をスマイルケア本社にて開催致しました。
荒井理事より「福祉用具の利用に関する効果研究事業」における
『福祉用具の利用状況および生活機能の定点観測調査』の重要性を改めて案内頂きました。また、京都ブロックとしては福祉用具サービスが、ご利用者本人のADLの向上、及び、介護者の負担軽減に効果があることを示すためにも今回の定点観測調査を積極的に実施していくことを確認しました。

兵庫県
■関西災害時物資供給協議会総会へ出席しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。 日本福祉用具供給協会では、南海トラフ地震等の大規模広域災害に備え、行政や民間の多様な団体が災害時の物資の調達・確保と輸配送に係る課題を共有し、これに連携・共同して取り組むことにより、被災者への円滑な物資の供給並びに早期の物流・流通の回復を図ることを目的に設立されました、「関西災害時物資供給協議会」に参画(平成30年1月18日付)することとなりました。
 当協議会は、物流関係事業者、流通関係事業者、メーカー事業者、自治体等団体で構成され、現在65事業者・団体が会員として登録されています。
 上記に関連し、平成30年3月9日、平成29年度関西災害時物資供給協議会総会が開催されましたので、今後窓口を担当する兵庫県ブロックよりに出席致しました。
 南海トラフ地震、発災時の物資の供給体制について報告があり、大変貴重な情報をご提供頂きました。
地域一覧へ戻る