一般社団法人日本福祉用具供給協会
トップページ > 地域毎の活動トップ > 地域毎の活動一覧

地域毎の活動

地域一覧へ戻る
大阪府
■平成31年3月8日(金)、資質向上研修会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。  大阪府ブロックでは平成31年3月8日(金)に全国福祉用具専門相談員協会大阪府ブロックとの共催で資質向上研修会を開催しました。平成30年10月から選定理由や貸与価格の説明が義務付けられ、そこで用いられる福祉用具サービス計画書における選定提案をよりわかりやすく、専門用語を使わずにご利用者やご家族に理解していただき、選定理由を明確に説明するための「説明力」の向上を目的とし、加島 守先生(高齢者生活福祉研究所所長 理学療法士)をお招きし、そのノウハウを学びました。
 参加者は55名で、@選定提案の書き方 A事例検討 Bグループワークによる選定提案の作成 C発表を行いました。比較的経験年数の浅い方の参加が多く、『今後の業務に役立つ』との声も多く聞かれ、大変有意義な研修会となりました。
京都府
■京都ブロック役員会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成31年4月1日18:00〜京都ブロックの役員会を開催致しました。報告事項として3項目@福祉用具展示協力(3/2、3/3、3/12)A第1回福祉用具専門相談員研究大会開催B日本福祉用具供給事業者政治連盟設立、検討事項として4項目@役員改選A総会日程B統一地方選挙C駐車除外車章を確認致しました。
■福祉機器体験セミナーに出展!
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成31年3月12日(火)南丹市国際交流会館イベントホールにて福祉機器の導入を促進することを目的に施設職員向けセミナーが開催されました。
京都ブロックでは労働局職場定着助成金の対象福祉機器を中心に展示。施設職員を中心に福祉機器を見て、触って、体験してもらいました。福祉施設に就労環境の向上、福祉人材の定着化につなげる福祉機器が導入される事を祈るばかりです。
■ハローワーク・フェスタに出展しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。 京都労働局の若年層を中心とした求職開拓事業としてハローワークフェスタに出展致しました。
当日は、AKB48の女性アイドルが福祉用具体験ブースにて、コミュニケーションロボットに触れたり、電動アシスト付歩行器を押して、会場を盛り上げてくださいました。
■FUKUSHI 就職フェアに介護ロボット・介護機器を出展!
事業内容
クリックで写真が拡大します。 平成31年3月3日(日)みやこめっせにて、介護・福祉の仕事合同就職説明会に介護ロボット・介護機器の出展協力をしました。
日本福祉用具供給協会で作った福祉用具専門相談員のポスターを会場に貼り出し、私たちの仕事も学生に理解していただきました。
当日は456名の学生の来場があり、介護ロボットを触ったり、移動用リフトで吊られたり、体験を通して福祉用具の理解を深めていただきました。
■京都ブロックで意見交換会を実施致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成31年2月4日12:00〜14:00でスマイルケアにて京都ブロック意見交換会を実施致しました。議題として、@ブロック活動報告A実地指導状況報告B福祉機器展示協力依頼の説明C役員の改選D福祉用具貸与に関する緊急調査の結果E福祉用具専門相談員職業啓発ポスターF公明党推薦依頼のお願いG会員の近況報告について話し合いました。
■京都ブロックでのヒアリングと懇親会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年11月20日(火)スマイルケアにて当協会「広報・組織活性委員会」によるヒアリングが開催されました。日福協の会員拡大のための取り組みについて話し合いを致しました。またその後、懇親会を開き日頃の日福協の活動などについて話し合いながら有意義な時間を過ごしました。
■京都ブロック総会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年10月2日(火)午後6:30〜スーパードライルネサンスにて総会を開催致しました。【報告事項5点】@フランスベッド京都ブロック後任役員ASKYふれあいフェステイバルB災害時協定による福祉用具の供給C公明党京都本部31年度税制要望並びに政策懇談会D9/3実施の研修会 【検討事項2点】(1)災害時協定による福祉用具供給体制(2)福知山民間社会福祉施設連絡協議会参加について話合いました。
■『30年度改正の現状と対応策』の研修会実施
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年9月3日(月)15:00からスマイルケア会議室にて研修会を実施致しました。日本福祉用具供給協会 事務局次長の伊藤氏に『30年度改正の現状と対応策』について講演頂きました。@今回の制度改正に至る経緯A制度改正の概要Bよくいただくご質問C今後について及び今後に向けてを大変わかり易くお話し頂きました。
■京都ブロック役員会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年8月6日18:00から京都ブロックの役員会を開催致しました。以下の議題について検討致しました。@都度駐車許可の追加A防災訓練BSKYふれあいフェスティバルC公明党平成31年度予算・税制要望並びに政策懇談会参加D上限価格意見交換会開催E懇親会F慶弔規定の7つの事項について検討致しました。
■都度駐車許可申請の運用手順勉強会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。7月24日(火)13:30からスマイルケア会議室にて都度駐車許可申請の運用手順についての勉強会を開催致しました。特に西京区、伏見区、山科区での運用が有効かつ積極的に行えるよう運用方法を確認しました。
■福祉用具納品時における都度駐車許可申請の要望
事業内容
クリックで写真が拡大します。7月9日(月)13:30より京都府庁議員室にて道路交通法改正に係る要望(都度駐車許可申請の運用)について京都府警察本部の方3名と京都府議会副議長の山口氏を交えて協議致しました。
■京都ブロック役員会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年6月6日(水) 京都ブロックで役員会を開催致しました。5つの報告事項と5つの検討事項について話し合いました。【報告事項】@リフトリーダー研修A住環境コーディネーター協会研修後援と案内B日福協ブロック長会議及び総会出席Cふくせん総会出席D駐車場整備の要望経過報告【検討事項】@京都府総合防災訓練ASKYふれあいフェスティバルB懇親会開催C産廃D第三者支援機構総会出席
■京都ブロック総会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。平成30年5月14日(月)18:30よりリーガロイヤルホテル グルマン橘にて総会を開催致しました。また総会後懇親会も実施致しました。22社の総数に対し、全社参加で総会を開催することができました。1号〜4号議案まで4つの議案を検討致しました。@平成29年度事業報告A平成29年度収支決算報告及び監査報告B平成30年度事業計画C平成30年度予算 
■京都ブロックの定例会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。8月22日(火)15:00〜京都ブロックの定例会をスマイルケア本社にて開催致しました。
荒井理事より「福祉用具の利用に関する効果研究事業」における
『福祉用具の利用状況および生活機能の定点観測調査』の重要性を改めて案内頂きました。また、京都ブロックとしては福祉用具サービスが、ご利用者本人のADLの向上、及び、介護者の負担軽減に効果があることを示すためにも今回の定点観測調査を積極的に実施していくことを確認しました。

兵庫県
■関西災害時物資供給協議会総会へ出席しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。 日本福祉用具供給協会では、南海トラフ地震等の大規模広域災害に備え、行政や民間の多様な団体が災害時の物資の調達・確保と輸配送に係る課題を共有し、これに連携・共同して取り組むことにより、被災者への円滑な物資の供給並びに早期の物流・流通の回復を図ることを目的に設立されました、「関西災害時物資供給協議会」に参画(平成30年1月18日付)することとなりました。
 当協議会は、物流関係事業者、流通関係事業者、メーカー事業者、自治体等団体で構成され、現在65事業者・団体が会員として登録されています。
 上記に関連し、平成30年3月9日、平成29年度関西災害時物資供給協議会総会が開催されましたので、今後窓口を担当する兵庫県ブロックよりに出席致しました。
 南海トラフ地震、発災時の物資の供給体制について報告があり、大変貴重な情報をご提供頂きました。
和歌山県
■「介護ロボット 導入・活用セミナー」について
事業内容
 この度和歌山ブロックでは、4月25日(木)に和歌山県社会福祉協議会主催で開催される「介護ロボット 導入・活用セミナー」に協賛します。
 セミナーでは深刻な介護人材不足への介護ロボットの必要性や、メーカーからの製品説明、県からの補助金の説明などがあります。
 主には、介護ロボット導入を検討されている福祉施設・事業所の経営者の皆様が対象となります。 皆様のお越しをお待ちしております。詳細は以下をご参照下さい。
地域一覧へ戻る